継ぐ人がいないお墓の行く末

継ぐ人がいないお墓の行く末

普段はあまり話さない隣の家の奥さんと話す機会があって、最初はお盆の出かけ先について話していたのですが、話が田舎にあるだれも住んでいない家とほとんどお墓参りもできないお墓の話になりました。
お探しなら新宿区 永代供養←が便利です。
奥さんによると、ご主人のご両親はすでに亡くなり、壊すにもお金がかかるため住んでいた家は売ろうにも売れず、そのまま放置状態になっているとのこと。
お近くの新宿 永代供養はこちらです。
田舎なので、空き家になっていることをあまり気にする人もいないけれど、どうしていいかわからないということでした。
困ったら新宿区 浄土真宗←こちらで探せます。
お墓も遠いので、親戚も特にお墓参りしている様子はなく、ご自分たち御夫婦も2年に1回くらい訪ねて御線香をあげるけれども、特に大がかりな掃除もできないので雑草が伸びっぱなしになっているということ。お墓の住職に相談したところ、永代供養を勧められたそうです。
気になる方は四ツ谷 墓地←をクリック!
その御夫婦にお子さんはおらず、お墓を持っているわけでもないので、今のうちに決めておいた方がいいと考えられたようです。我が家も子どもがいなくて、主人は二男なのでまだまだ先の話かもしれませんがいつか降りかかってくる話だと思うと、他人事とは思えませんでした。
興味のある方は新宿 東本願寺←まで。